原因を見つけて頭痛を根本的に解決する方法を考える

女の人

耐えられない痛み

女の人

群発頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛に比べて患者数が少ない症状です。群発頭痛は、ある機関に集中して頭痛が起きるといった特徴を持っています。春先や秋口などの季節の変わり目は、群発頭痛が引き起こされることが多く。たくさんの人がその症状に悩まされているのです。群発頭痛は、一度痛みが現れると毎日の用に頭痛を引き起こし、1、2ヶ月くらいの期間頭痛が続きます。頭痛の症状が収まった後は再び沈黙の期間が到来し、半年から2,3年後に同じ症状が引き起こされることとなるのです。群発頭痛を引き金となるのは、飲酒や喫煙であることが多く、群発頭痛を発症しやすい時期に飲酒や喫煙を行なうと、ほぼ100パーセントの確率で頭痛が引き起こされるそうです。群発頭痛が発症するメカニズムは、まだ詳しく解明されていません。目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引起こすことで眼の奥が痛むといわれています。原因がはっきりと解明されていない群発頭痛の治療法は、薬物療法や酸素吸入法が行なわれます。朝方に強い痛みを生じることが多い群発頭痛は、就寝前に飲むエルゴタミン製剤やトリプタン系の薬剤を飲むことが有効とされています。このお薬で効果が現れない場合には、酸素吸入法が行なわれることが一般的であるようです。

子どもが訴える頭痛は持続時間が短く、発作時以外は普段と変わらず生活できるので、症状を把握することは困難です。授業中に子どもが片頭痛を発症した場合、本人はとても辛いのに先生にサボろうとしているとみなされて保健室に連れていってもらえないといったケースが時折生じてしまいます。周りの理解がなければ、子どもの頭痛の原因を掴むことは難しいので、頭痛を持つ子どもの親は、担任の先生とよく話し合いを持つようにしましょう。片頭痛の原因は遺伝であるという可能性もあるようですが、はっきりとした原因は不明です。子どもの片頭痛は、周囲の理解がなければ不登校へつながってしまいかねない問題です。痛みを理解してもらえないことほど子どもにとって辛いことはありません。周りの大人は、頭痛を持つ子どもに気を配るよう気をつけましょう。

子どもの頭痛は悪い生活習慣が原因で引き起こされることもあります。長時間のテレビゲームやパソコンの使用、夜更かしに夜寝不足はその主たる原因の一つです。子どもの生活習慣は親のしつけ次第で改善するものです。大事なお子さんが頭痛で苦しむことがないように気をつけましょう。