原因を見つけて頭痛を根本的に解決する方法を考える

女の人

危険なサインの可能性も

看護師

頭痛の中には、くも膜下出血や脳腫瘍といった緊急に処置を行なわなければならないことが原因となっていることがあるので、注意をしなければなりません。普段頭痛を持っている人でも、いつもと違う痛みを感じたときには、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。いつもと違う痛みの特徴としては、今までよりも強い痛み、頭痛を発症するごとに痛みが激しくなる。発熱を伴う頭痛、しびれや痙攣を伴う頭痛、意識がもうろうとなる頭痛などがあげられます。

突然の激しい頭痛で一番疑われるのがくも膜下出血です。脳動脈瘤が破裂して脳を覆うくも膜と軟膜の隙間に血液が溢れるこの病気は、後頭部に強い痛みを伴います。出血がひどいときには、激しい頭痛と嘔吐、痙攣などを引き起こし、意識を失うこともあります。数秒から数時間で意識を回復しますが、中にはこん睡状態から回復することなく死亡するケースもあるので注意が必要です。くも膜下出血は、大出血を起こす数日から数週間前に、脳動脈瘤から少量の出血が起こることがあり、このときにも頭痛が引き起こされます。この頭痛のときにおかしいと感じて病院を診察することで、より症状がひどくなることを防ぐことができるのです。脳出血が原因の頭痛は、徐々に痛みが増してきて、吐き気や嘔吐を伴うといった特徴があります。そのうち麻痺やしびれを伴うようになり、ろれつが回らない、物が二重に見えるといった症状が出てきます。脳腫瘍が原因の頭痛は、頭全体や一部に圧迫感や鈍痛が続くといった特徴を持っています。突然の吐き気や痙攣などにも襲われるようになると、脳腫瘍を疑ったほうが良いでしょう。朝方にとくに痛みを覚えることが多くなることが特徴です。脳の病気は直接命に関わる重大な問題です。脳の病気のほとんどが頭痛を伴うので、いつもと違う痛みを感じたときにはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。少しでも早く病気を発見することで、最悪の状態を回避することができます。

妊娠中に生じる頭痛は要注意です。その頭痛の原因が風邪である場合には、服用するお薬をしっかりと選ばなければなりません。なぜなら、その風邪薬に含まれている成分が、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるからです。妊娠後期に頭痛を発症した場合には、高血圧症や脳血管障害などの病気の可能性があるので、念のためすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。