原因を見つけて頭痛を根本的に解決する方法を考える

女性

危険なサインの可能性も

看護師

頭痛の原因は、命に関わる脳の病気のサインであることもあるので注意が必要です。特にいつもと違う痛みを感じたときには、念のためすぐに病院で診察をうけるようにしましょう。

詳細へ

メリハリのある生活を

頭を抱える男性

頭痛は脳が受けるストレスが原因となって生じることもあります。常に緊張している状態が続くと、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかずに頭痛を引き起こす場合があるので注意しましょう。

詳細へ

耐えられない痛み

女の人

群発頭痛の痛みは、日常生活に支障をきたすほど耐えられないものであるといわれています。その原因は解明されていませんが、痛みを抑える方法は確立されているので、病院で治療を受けましょう。

詳細へ

上手に付き合う

カウンセリング

頭痛は完全に完治することが難しいものです。そのため、痛みとの上手なつきあい方が必要になってきます。日頃の生活習慣などを見なおして頭痛の原因を見つけ、頭痛を未然に防ぐ努力をしていきましょう。

詳細へ

予防法を考える

男性

頭痛を持っている人は数多く存在しています。定期的に発症する頭痛は、その原因がわかれば治療をして改善することができるのですが、原因がわからない場合、根本的な解決をすることが難しいので、痛み止めだけに頼った治療法しか選択できないことになってしまいます。身体に異常が無いにもかかわらず頭痛が起きてしまう場合には、その原因がストレスやうつなどの心理的な要因であることがあります。心理的な要因である頭痛は、その原因を見落としてしまいがちなので注意が必要です。人は精神的な不安が強いと、通常よりも痛みに敏感になると考えられています。これまでなら気にするほどでもなかった痛みでも、うつ状態であるとその痛みに過敏に反応することとなるため、頭痛が引き起こされるのです。こうした症状には、片頭痛や緊張型頭痛で薬を飲んでいても一向に症状が改善することはありません。精神的な問題を専門的に扱う医療機関で受診して、精神的な回復をはかることで症状の回復が見込まれるようになると考えられています。

頭痛の原因はさまざまで、その原因によって対処法が異なってきます。いろいろな種類がある頭痛の中でも、片頭痛と緊張型頭痛は、私たちの身の回りで最も多く発症しているものであると考えられています。片頭痛は、脳の血管が広がることによって生じます。脳の血管が拡張することにより、血管周辺にある三叉神経を刺激することによって痛みが生じるのです。血管の拡張は、心身がストレスから開放されたときに急に拡張しやすいといった特徴があります。そのため、お仕事から開放される休日に起こりやすくなります。緊張型頭痛は、顔や肩、首周辺の筋肉が緊張し、血流が悪くなった結果、筋肉内にたまった老廃物が神経を刺激して引き起こされます。緊張型頭痛の原因は、精神的、身体的ストレスであることが多く、長時間同じ姿勢をとり続けている人に多くみられる傾向にあります。

片頭痛を予防するには、頭痛日や環境をチェックする、週末の寝だめは避けるなどといった方法があげられます。頭痛が生じる環境や周期をチェックすることで、頭痛を引き起こさない行動を考えることができます。また、寝不足や寝すぎは血管の拡張を誘発するので注意が必要です。緊張型頭痛の予防法としては、長時間同じ姿勢を取り続けないようにする、定期的に体操をするなどがあげられます。体操をすることで筋肉の緊張をほぐし、血流を良くすることに努めましょう。